認定対象のプログラム

大学の理工系、農業系学士課程と一部の修士課程、一部の大学校および工業高等専門学校の本科4・5年と専攻科1・2年の4年間の課程(学士課程に相当)に属する学科、専攻あるいはその中のコースなどです。

認定基準および達成すべき知識と能力

  1. 基準1:学習・教育到達目標の設定と公開
  2. 基準2:教育手段
    1. 2.1 教育課程の設計
    2. 2.2 学習・教育の実施
    3. 2.3 教育組織
    4. 2.4 入学、学生受け入れ及び異動の方法
    5. 2.5 教育環境・学生支援
  3. 基準3:学習・教育到達目標の達成
  4. 基準4:教育改善
    1. 4.1 教育点検
    2. 4.2 継続的改善

基準1における「学習・教育到達目標」はプログラム修了生が身につけているべき知識と能力およびその水準を規定したもので、以下の(a)~(i)9項目をプログラムの目的に合わせて具体化したものです。

  1. (a) 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
  2. (b) 技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、及び技術者が社会に対して負っている責任に
      関する理解
  3. (c) 数学及び自然科学に関する知識とそれらを応用する能力
  4. (d) 当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力
  5. (e) 種々の科学、技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
  6. (f) 論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力
  7. (g) 自主的、継続的に学習する能力
  8. (h) 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
  9. (i) チームで仕事をするための能力

これらの知識・能力は、技術者教育の国際的協定であるワシントン協定が示している12項目の知識・能力(Graduate Attributes)をもとに我が国の教育の特質も加味して(a)~(i)の9項目にまとめたものです。科学技術の知識だけでなく、社会の要求を解決するためのデザイン能力、コミュニケーション能力、チームワーク能力、技術者倫理など世界の技術系高等教育の標準となる能力の教育が行われていることを要求しています。

第三者認定制度

認定のプロセスは技術者教育プログラムからの自発的な認定申請によって開始されます。各技術分野におけるJABEE正会員の学協会によって利害関係のない公正・中立な審査チームが構成され、自己点検書の審査、実地審査を実施し、認定基準を満足すれば、JABEEがプログラムを認定するという第三者認定制度です。自己点検書の審査および実地審査の結果は審査報告書として取りまとめられ、JABEEの分野別審査委員会、認定・審査調整委員会の調整を経て、認定会議により認定の可否が決定されます。理事会の承認の後、プログラムに対し、認定の可否が通知されるとともに、プログラム名が公表されます。

有効期間

審査で認定が認められると、その年度(場合によっては前年度)から最長6年間認定が継続し、認定最終有効年度の翌年度までに認定を継続するための審査が行われます。ただし、審査結果で弱点が指摘された場合、有効期間を維持するためには、指定された年度に中間審査を受け、不備が無いことを認定される必要があります。認定を継続するためには、認定最終有効年度の翌年度までに認定継続審査を受ける必要があります。