ワシントン協定とソウル協定に加盟

「JABEE設立の経緯」に示すように、金やモノばかりでなく、技術や人材の国を超えた流通が進む中で、教育も国際的な相互承認と競争が進行しており、20世紀の末から技術の専門職能資格の相互承認と、技術者教育の相互承認が連携した形で検討され、将来の全面的相互承認を目指して協定が結ばれています。技術者教育認定の国際的相互承認は、1989年にワシントン協定の創設によって始まり、その後環太平洋圏を中心に加盟国が増加しています。なお、ワシントン協定への加盟は1国1団体に限られ、かつ非政府系団体であることが条件です。
ワシントン協定は、将来的には加盟団体が認定した技術者教育プログラムの修了生に、自国のプログラム修了生と同等の専門職能の入口となる資格を付与できるようにすることを視野に入れています。その前提として各国の認定団体が認定している技術者教育のシステムと質が実質的に同等であることが必要であるため、「教育の質保証の同等性の相互承認」が協定の趣旨となっています。最近では、留学を国費扱いとするには、ワシントン協定加盟団体が認定したプログラムへの留学を条件とする国も出てきています。
その後ワシントン協定に近い内容で、情報系専門教育についてのソウル協定が、JABEEも創設に加わって2008年に設立されました。
また、2014年にアーキテクト教育のキャンベラ協定へ暫定加盟を果たしました。現在正式加盟を申請中です。
これらの国際協定の詳細については、「国際連携」のページをご覧ください。