認定プログラム関係者各位

認定プログラム修了生の皆さんへ

JABEE認定制度と技術士制度の関係

技術士とは

技術士制度は、文部科学省が所管する、優れた技術者の育成を図るための国による技術者の資格認定制度です。

技術士は、技術士法に基づいて行われる国家試験(技術士第二次試験)に合格し、登録した人だけに与えられる名称独占の資格です。即ち、技術士は、「科学技術に関する技術的専門知識と高度な応用能力及び豊富な実務経験を有し、公益を確保するため高い技術者倫理を備えていること」を国によって認められた技術者であり、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある国家資格です。

2004年4月、JABEEが認定したプログラムの修了者は、文部科学大臣の指定を受けて技術士の第一次試験が免除されることになりました。国からも、科学技術創造立国の政策を推進する上から、多くのJABEE認定プログラム修了者が技術士を目指すことを期待されています。

技術士への近道 ― 第一次試験免除

技術士法によれば、文部科学大臣が指定した教育課程を修了した者は技術士補となる資格を有するとされています。この「修了した者」とは、「認定された教育課程の修了者(JABEEの認定プログラム修了者で文部科学大臣が告示した教育課程の修了者)」を指し、技術士第一次試験が免除されます。

JABEE認定プログラム修了者は、文部科学大臣が告示した当該認定プログラムを告示に掲げる修了年月以降に修了した時点から「修習技術者」となります。「修習技術者」は、必要な経験を積んだ後に技術士第二次試験を受験することができます。技術士第二次試験合格後、技術士登録をすることで、技術士資格を得ることができます。

技術士資格取得までのしくみ

JABEEプログラム修了生は、修了プログラムの部門にかかわらず、第二次試験はすべての技術部門を受験することができます。

技術資格取得までのしくみ


技術士についてのお問い合わせは
社団法人 日本技術士会
担当:技術士試験センター
TEL:03-3459-1333 へお願いします。

技術士を目指す皆様へ

修習技術者のための修習ガイドブック-技術士を目指して-第3版

修習技術者(JABEE認定課程修了者)のためのページ

修習技術者支援実行委員会

日本技術士会では、修習技術者支援実行委員会を組織し、技術士第一次試験合格者とJABEE課程修了者(修了見込みを含む)の方々に対してガイダンス、研修講座の開催、情報提供などを行っています。