「アジア技術者教育認定機関ネットワーク」(NABEEA)の発足

2007年8月8日、マレーシアのペナン島で、アジアの技術者教育認定機関のネットワークを立ち上げるための会議が開催され、NABEEA: Network of Accreditation Bodies for Engineering Education in Asiaの設立が合意されました。発足時のメンバーは認定機関がJABEE を含む8団体、資格登録団体・技術者団体が(社)日本技術士会を含む4団体です。議長としてJABEE(谷垣国際委員会委員長)、事務局としてマレーシアの認定団体:EACが選出されました。NABEEAは、アジアにおける技術者教育認定制度の確立と技術者教育の質向上を目的とし、そのための相互理解、相互協力を促進するものです。ワシントン協定が非英語圏に拡大し、ヨーロッパでも高等教育の枠組み作りが進む中、アジアにも認定機関の一つの協力体制が生まれたことは意義深く、今後JABEEはその指導的役割を果たすことが期待されています。第2回の会議は2008年に日本で開催する予定です。

Full Member(技術者教育認定機関)

  • Accreditation Board for Engineering Education of Korea*(ABEEK)
  • Board of Accreditation for Engineering and Technical Education, Bangladesh (BAETE)
  • Council of Engineers,Thailand (COE)
  • Engineering Accreditation Council, MALAYSIA* (EAC)
  • Institute of Engineering Education Taiwan* (IEET)
  • The Institution of Engineers, Singapore* (IES)
  • Japan Accreditation Board for Engineering Education* (JABEE)
  • Pakistan Engineering Council
  • Philippine Technological Council (PTC)

*Council Member

Associate Member(技術者資格認定機関)

  • Chinese Taipei APEC Engineer Monitoring Committee (CTAEMC)
  • Korean Professional Engineers Association (KPEA)
  • The Institution of Engineers, Malaysia (IEM)
  • The Institution of Professional Engineers, Japan (IPEJ)
  • Philippine Association for Technological Education (PATE)

NABEEAの目的

当面は技術者教育認定制度と技術者教育の質向上のための意見交換、相互理解・相互協力を目的とする緩いネットワークとします。ネットワークとしてのアウトカムズをレベル1~4のレベル毎に設定しています。

  1. レベル1:情報交換の段階
  2. レベル2:共通点と相違点の相互理解がある程度達成された段階
  3. レベル3:基本概念レベルでの調和が図られた段階
  4. レベル4:認定制度の実質的同等性を相互承認する協定を締結できるような段階

現段階はレベル1で、段階的にレベル2→レベル3へ進むことをNABEEAの目標とします。レベル4はNABEEAの直接の目標とはせず、機が熟した段階で新たな枠組みも含めて検討する事が合意されています。  

NABEEAの組織

  • 年に1回のGeneral Assembly(総会)を開く。次回は2008年の夏に日本で開催。
  • Councilは必要に応じて会合、またはメールでの審議をする。
  • Chair(2年任期)はJABEEの谷垣昌敬国際委員長。
  • Secretariat(最低2年任期)はマレーシアのEAC

NABEEAの活動

レベル1のアウトカムズとして以下の3つのProjectを発足させ、2008年の総会までの達成を目標とします。( )内は、主査機関

  • 技術者教育認定に関する専門用語の解説(IEET)
  • アジアにおける技術者教育認定に関する問題点についてのレポート(IES)
  • NABEEAの各種規定類の整備(ABEEK)

「アジア技術者教育認定機関ネットワーク」(NABEEA)2008年総会&公開シンポジウム

アジア技術者教育認定機関ネットワーク(NABEEA)の総会が、JABEEの主催で2008年9月3日北海道大学大学院工学研究科にて開催されました。7ヵ国・地域の11機関が出席し、新たにパキスタンからメンバーを迎えました。翌4日には公開シンポジウムを開催し、北海道の高等教育機関・産業界からの参加者も交え、活発な質疑応答がなされました。NABEEAは、技術者教育認定機関並びに技術士登録機関の相互理解、相互協力を促進することでアジア全体の技術者教育の質向上を図るものです。アジア各国で技術者教育認定制度の確立が進む状況で、議長としてのJABEEに指導的役割が期待されています。