ソウル協定設立

2008年12月6日、韓国・ソウルにおいて、ソウル協定の設立会議と調印式が行われました。ソウル協定は、立ち上げにあたり米国・韓国・オーストラリア・カナダ・英国・日本におけるコンピューティングおよびIT関連分野の認定機関6団体の間で設立されましたが、今後加盟団体は拡大するものと期待されます。ソウル協定によって、各加盟国におけるコンピューティング教育の認定のための認定プロセス、手順と方法、基本ポリシーは実質的に同等とみなすこと、認定プログラムは公開され各加盟団体はそれらを同等なものとして受け入れること、コンピューティング教育のGood Practiceを支援、振興すること、継続的に加盟団体相互のモニタリングと情報交換を行うことなどが合意されました。日本の代表機関としてJABEEは準備段階より参画し、2007年11月のソウル宣言(Seoul Declaration)から、その後のワーキング・グループによる準備を経て今回の調印へと至りました。これにより、これまでワシントン協定では網羅されていなかった同分野についても、国際的な質保証の枠組みが整ったことになります。

seoulaccord http://www.seoulaccord.org/

2012年ソウル協定シドニー中間会議報告

Seoul Accord Workshop and Interim Meeting が6 月16~17 日、シドニーで開催された。
筧ソウル協定対応プログラム部会主査、青島専務理事・事務局長が出席した。