JABEE認定プログラムで勉学に励む、あるいは、修了した皆さんは、グローバル化が進む中で教育プログラムがJABEE認定を受けているか否かが重要になることをご存知ですね?

JABEE認定されていない学科に比べ、JABEE認定プログラムは勉強が大変だと言われています。しかしながら、JABEE認定プログラムの先生方は、世界の動きを理解し、技術者を目指す学生が何を学ばねばならないかを考えてくれていますので、実りある教育を進めています。何故かというと、日本の技術者が「個人として」海外で競争していかねばならない時代がすぐそこに来ているからです。

世界の国々では、技術者として扱われるためには認定を受けた教育プログラムを修了することが条件になりつつあります。欧米やアジアの多くの国では、認定を受けた教育プログラムの修了生だけが技術者としての資格(Professional Engineer)を得ることが出来ます。JABEEは、技術者教育の国際的同等性を確保するため、技術者教育認定機関の世界的枠組みであるワシントン協定等の考え方に準拠した基準で審査をします。従って、ワシントン協定に加盟している国々で認定された教育プログラムは国境を越えて同等性が保証されます。我が国の有力大学でも、その学科がJABEE認定されていないと、海外では卒業生は然るべき学歴の評価を受けられません。また日本では、JABEE認定プログラム修了生は、国家試験である技術士資格試験の第一次試験が免除されています。