社会、産業界は、大学に対して、入学者選抜によって学生をふるい分けることではなく、学習・教育による能力育成の結果、すなわち「何を身につけ、何ができるようになったか」という学習成果を問うようになっています*。また、大学が学生に身につけさせようとする能力と、企業が大学卒業生に期待する能力が乖離しているとの指摘もなされています**。
若者や学生、地域社会や産業界を含め、社会のニーズに合った教育内容への転換と質の保証が今や「待ったなし」の課題となっています*。JABEEは、発足当初からこの課題を認識し、その解決を目指して、工農理系の技術者教育における学習成果を重視した認定制度を実施してきました。

なお、学校教育法による機関別認証評価が文系学部なども含めた高等教育機関毎の評価であるのに対して、JABEEは各分野の技術者教育を実施するプログラム毎に、修了生が国際的に認められた技術者に必要な知識と能力を身につけていることを評価するという役割の違いがあります。
しかし機関別と分野別の両者の効率的かつ実効的な評価の仕組みはどうあるべきか等について、十分な研究を行う必要性が指摘されており**、JABEEとしても文部科学省と連携して評価の効率化を検討しています。

*2012.8.28中教審答申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」
**2005.1.28中教審答申「我が国の高等教育の将来像」

新たに認定取得をお考えの方へ

新たに認定を希望される教育機関関係者の方は、認定の対象となる「技術者教育プログラム」の立上げから運用、審査の申請、審査への対応および認定の維持について下記の文書をご参照の上、準備を進めてください。

認定中のプログラム関係者の方へ

すでに認定されている技術者教育プログラム関係者の方は、前回の審査結果に基づくPDCAサイクルの実践によってプログラムの継続的改善を進めていただくようお願いいたします。なお、次回の認定継続審査や中間審査の受審につきましては、下記の文書をご覧ください。